不動産売却時の諸経費と税金について

不動産(マンション/一戸建て/土地)の売却時にも様々な諸経費が必要となります。ここでは不動産売却時に必要な諸経費や税金についてご紹介させていただきます。

売却にかかる費用の種類について

  • 不動産仲介会社に支払う仲介手数料
  • 譲渡税:売却によって売却益が出た場合、所得税・住民税がかかります
  • 登記費用:ローンが残っている時などの抵当権抹消登記費用、司法書士への報酬など
  • 売買契約書に添付する印紙代
  • 引越し費用など引き渡し時に発生する諸経費

仲介手数料とは?

宅地建物取引業者が媒介契約に基づき、依頼者から受け取ることのできる報酬のことをいいます。 売買に関して依頼者から受け取ることのできる報酬の額(消費税等相当額を含む)の上限は、依頼者の一方につき、売買に係る代金の額(消費税等相当額を除く)を次の表の左欄に揚げる金額に区分して、それぞれの金額に同表の右欄に揚げる割合を乗じて得た金額を合計した金額です。

売買価格 仲介手数料
200万円以下の金額 100分の5.4
200万円を超え
400万円以下の金額
100分の4.32
400万円を超える金額 100分の3.24

400万円を超える物件については、下記の簡易の計算式で算出することができます。 売買に係る代金の額(消費税等相当額を除く)× 3.24% + 6.48万円

譲渡について

不動産を売却し、譲渡益が出た場合、譲渡益に対して所得税や住民税がかかります。土地や建物を売却して得た金額(譲渡収入)から、その不動産の購入代金や購入にかかった経費と、さらに売却にかかった経費を差引いた金額を「譲渡所得」といいます。

税金について

税金や確定申告の方法などについて、詳しい情報は国税庁ホームページにてご確認いただけます。

不動産の売却相談・査定依頼フォーム

無料売却査定依頼店舗を選択する 不動産の売却相談店舗を選択する 住み替え・買い替え相談店舗を選択する

事業/投資用物件購入に関するお役立ち情報

不動産知識に関するお役立ち情報